着物を着た後の手入れと収納

きものを着た後のちょっとした一手間で、きものや帯を長くきれいに保つことができます。

今回は、きものを着た後の簡単な手入れ、整理、収納をご紹介します。

きものは脱いだらできるだけ早く和装用のハンガーにかけて、一晩陰干しして湿気を取ることが大事です。

その時に、しみや汚れがないか自分でチェックしておくとよいでしょう。

しみや汚れのある部分には、糸などで目印をつけて、なぜ汚れたのかをメモしておくとベストです。例えば、ワインだとか醤油だとか書いておきます。

しみや汚れが付いている場合には、できるだけ早くプロに着物クリーニングを頼みましょう。

素人が自分でやろうとするとかえって、汚れが広がったりして取り返しがつかないようになる危険性があるので、やめましょう。

特に目立ったシミや汚れなどがなければ、きれいにシワが付かないようたたんでタンスに片付けます。

帯は、ほどくとすぐに叩くようにしてしわを伸ばして陰干ししてからたたみます。

長襦袢も陰干し後にたたみます。

着物や帯は、たとう紙に包んで収納するようにしましょう。

きものに使われる素材の中で最も虫のつきやすいのが、ウールです。

ウールは絹は別の引き出しに片付けるようにしましょう。

桐箪笥があれば、絹のきものはそれほど防虫剤を入れなくても大丈夫です。

防虫剤について大事なことが1つあります。

たくさんの虫に効果を出す為に、複数の種類の防虫剤を使う人が時々いますが、これは絶対にやめましょう。

防虫剤は、混ぜると化学反応を起こすものがありますので、一種類に絞って使わなければなりません。

金銀の箔や金銀の糸は防虫剤に反応して変色するなどの危険性があるので、特に注意しなければなりません。

最後に草履の保管方法のコツを1つ教えます。

草履を下駄箱に入れるさいには、割り箸の上にのせておくと草履の裏の湿気が取れます。